お知らせ

花粉症と口腔アレルギー

雪解けも進み、これからさまざまな花が咲き乱れる季節ですが、同時に花粉症がはじまる時期でもあります。現在、日本人の20%が花粉症といわれ、今や国民病と言われるほど増えています。

「花粉症」とは、シラカバ、カモガヤやブタクサなどの植物の花粉が原因物質(アレルゲン:アレルギーの元となるものの意味)となり、主に「くしゃみ・鼻水、鼻閉」などのアレルギー症状を引き起こす病気です。

  • 原因となる花粉の吹き飛ぶ季節にだけ症状がでます。(日本では60種類の植物から花粉症を引き起こすと言われています)
  • 北海道での主な花粉症はシラカバ・ブタクサ・カモガヤなどですが、中でも一番多いのは、シラカバによるものです。心あたりの方はご用心!
  • 症状:くしゃみ・鼻水・鼻詰り・目のかゆみ・充血・なみだ目を伴い、他に喉のかゆみ、咳、皮膚のかゆみ・下痢、熱っぽい感じの症状が現れることがあります。

※花粉症に関連する病気として忘れてはならないのが「口腔アレルギー症候群」です。
これは花粉症の方が特定の果物や野菜を食べたときに、口の中が痒くなり、腫れたりするなどの症状が出る状態です(表をご覧ください)。口腔アレルギーを起こす方は、花粉症がある可能性が高いと言えます。毎年決まった時期に風邪がなかなか治らないといって受診された方の中に、実は花粉症だったという方も少なくありませんので注意が必要です。

<口腔アレルギー症候群:食品と花粉症>
食品 花粉
果物 リンゴ シラカバ、プラタナス
ナシ(西洋梨) シラカバ
サクランボ シラカバ
モモ シラカバ
アンズ シラカバ
キウイ シラカバ、イネ科
マンゴー シラカバ、ヨモギ
メロン イネ科、ブタクサ
スイカ イネ科、ブタクサ
オレンジ イネ科
バナナ ブタクサ
カンタロープ※ ブタクサ
ナッツ類 アーモンド シラカバ
ヘーゼルナッツ シラカバ、プラタナス
ピーナッツ イネ科、プラタナス
ヒヨコ豆 プラタナス
野菜 セロリ シラカバ、ヨモギ
ニンジン シラカバ、ヨモギ
ポテト シラカバ、イネ科
シシトウ シラカバ
トマト スギ、イネ科
ズッキーニ ブタクサ
キュウリ ブタクサ
レタス プラタナス
トウモロコシ プラタナス
その他 スパイス ヨモギ

※カンタロープはメロンの一種
花粉の時期:プラタナス(スズカケノキ)4-5月、シラカンバ4-6月、イネ科6-8月、ヨモギ8-9月、ブタクサ8-9月

鼻炎症状・眼症状・咽頭症状・皮膚症状が生じたとしても、すぐに花粉症であると判断できるものではありません。他の病気が関与している可能性も考えられるため、自己判断で済ませるのではなく、医療機関の受診で適切な対策をお勧めいたします。

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について