お知らせ

肺がん検診を受けましょう。


わが国では肺がんで亡くなる方は、2003年時点で全がん死亡の約2割とトップを占めています。「診断時に約7割の症例が進行がん」であるという点で、肺がんは予後の悪い難治性がんとされています。しかしながら、無症状のうちに「肺がん検診」を受け、早期癌のうちに発見されれば、治癒が期待出来るがんとも言えます。

肺がんの一番の原因は喫煙とされていますので、(1)喫煙者で一日の喫煙本数 × 喫煙年数が400を超える方、(2)家族がヘビースモーカーで受動喫煙をしている方、(3)喀痰や咳嗽が長期間持続する方あるいは血痰があった方は「肺がん検診」をお勧めます。また、喫煙と関係のない肺がんもありますので、(4)血縁の方に肺がんの方がいる場合は、煙草を吸っていなくても「肺がん検診」が必要です。

当院では、「肺がん検診」に積極的に取り組んでおり、「胸部CR」、「胸部CT」、「喀痰検査」、「気管支内視鏡検査」などを実施しております(当院院長は呼吸器専門医で気管支鏡指導医です)。

症状の心当たりのある方・呼吸器の病気が心配になる方は、是非ご相談ください。
尚、検診は予約制となっております。

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について