お知らせ

気管支鏡検査について

当院では、今年4月より気管支鏡検査を開始しました。
この検査は、肺癌検診はもちろん、多様な呼吸器疾患の診断・治療に役立ちます。

咳や痰などの呼吸器症状が続く方、喫煙歴が長い方、血縁者に肺癌の患者さんがいる方は、この検査をお勧めします。あまり馴染みのない検査ですので、簡単に説明します。

Q1:気管支鏡検査は、どんなん検査ですか?
A1:肺、気管支などの呼吸器の病気を正確に診断するために、口〜喉を通じて気管支鏡を気管、気管支の中に挿入し、内部を観察し、必要に応じて組織、細胞などの検体を採取する検査です。

Q2:気管支鏡はどんな器械ですか?
A2:とても細く柔らかな管で、肺につながる気管支の中をのぞき見る器械です。胃カメラと同じ構造ですが、胃カメラに比べると大変細く短い管です。当院では特に細径の直径3.8mmの内視鏡を用いています。

Q3:どんな症状、どんな病気が疑われる時に気管支鏡検査を受けたらいいのでしょう?
A3: (1)痰に血液が混じる。
   (2)原因不明の咳が持続している場合
   (3)胸部CRやCTで肺に異常陰影が見られたり、肺癌、結核などの感染症の疑いがある場合。
   (4)長期にわたり喫煙歴のある方、また副流煙を吸っていた可能性がある方。
   (5)肺、気管支に異常が疑われる場合。
   このような症状、所見があった場合、医師より気管支鏡検査を勧められます。

Q4:麻酔はかけるのですか?
A4:検査開始前、喉に霧状の麻酔剤を吸入、スプレーし、しっかり、のどに麻酔をかけていきます。検査中の咳・痰を抑え、検査への不安、苦痛を和らぐ為、筋肉注射をします。多少眠気を感じます。

Q5:日帰りでできる検査でしょうか?
A5:午後〜検査を開始しますが、検査終了後1時〜2時間は、検査後の経過観察の為、当院にて安静にしていただきますが、その後は、帰宅していただきます。2-3日、喀痰が多く感じる方もおります。検査時間は、30分程度要します。

当クリニック院長は、呼吸器専門医で気管支鏡指導医です。呼吸器疾患に関し専門ですので、いつでもお気軽にご相談ください。
なお、検査は予約制になっておりますので、当院までお問い合わせください。

  • お問い合わせ
    愛内科クリニック:011-836-3680

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について