お知らせ

肺炎球菌ワクチンの再接種が認められました。

近年、肺炎を起こす原因菌の中でも抗生物質の効きにくい肺炎球菌が増えています。薬が効きにくいと、患者さん本人の持つ抵抗力(免疫力、自然治癒力)が十分でなければ、重症化する事になります。特に高齢者(65歳以上)・呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、養護老ホームなど長期施設入居の方々は抵抗力が低下しており、肺炎になり命を落とされる危険性が高いのはこの様な方々です。特に冬期にインフルエンザにかかった後に肺炎になり命を落とされるケースが後を絶ちません。
薬が効かない。抵抗力がないと命を落とす。 さて、どうしたらよいでしょう?
どんな病気も一番大切なのは予防です。普段から手洗いやうがいの習慣を付ける、栄養をしっかり取る、規則正しい生活をして疲れをため込まない事が大切です。
それに加えて、肺炎球菌ワクチンを接種する事も大変重要です。
以前は、1回接種のみしか日本では認められていませんでしたが、その効果は5年間程と言われていました。つまり、5年程で効かなくなると言う事です。海外では昔から再接種が認められておりましたが、日本でもようやく2009年10月から医師の判断にて再接種をすることができるようになりました。
インフルエンザワクチンとは異なり、接種時期はなく、1年中接種可能です。
当院では、予約制で行っております。詳しくは、お問い合わせください。

予約制になっておりますので、詳しくはお問い合わせください。電話:(011)836-3680

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について