お知らせ

食後の運動にご注意

食後の運動にご注意
<食物依存性運動誘発アナフラキシー>

食物と運動が重なると

原因となる物質が体内に入り短時間で、じんましんや喘息様症状、血圧低下など、全身に及ぶ激しいアレルギー反応が起こることを「アナフラキシー」といいます。

「食物依存性運動誘発アナフラキシー」は、アレルゲン(アレルギーの原因)である食物を取るだけでは起こらず、その後運動すると出現するものを言います。中学生~青年期に多く、通常食後2時間以内に運動した場合にみられ、入浴でもおこることがあります。

食物依存性運動誘発アナフラキシーは、今のところ薬では予防できません。

アレルゲンである食物をとってしまたら、数時間は、運動しないことが最も有効な予防法です。

アレルゲンの大部分は小麦とエビやカニなどの甲殻類ですが、他の食物の場合もあります。

また、洗顔石鹸に含まれる小麦の分解物が、皮膚から吸収されアレルゲンとなった例もあります。より悪化する要因として、感冒薬に含まれるアスピリンや体調不良などがあげられます。

食物依存性運動誘発アナフラキシーは、アレルゲンの腸からの吸収が、運動によって増加する為に起こると考えられています。

症状が起きてしまってたら、重症化することも多いので、迷わず救急車を呼びましょう。

学校や職場などでは、食物依存性運動誘発アナフラキシーがあることを事前に周囲に知らせておくとともに、日頃からかかりつけ医師と相談しておきましょう。

食物依存性運動誘発アナフラキシーを悪化させる主なことがら

ことがら→例
体調→疲労、睡眠不足、風邪、生理
気象条件→温度・湿度の変化
自律神経→ストレス
薬物など→解熱鎮痛剤の成分 アルコール
花粉症→摂取した野菜・果物に花粉に対する抗体が反応する。

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について