お知らせ

COPDについて

風邪でもないのにしつこい咳、痰、息切れを感じる方は、COPD(タバコ病)の可能性があります。
COPDとは、慢性閉塞性肺疾患の略で別名タバコ病ともいわれる喫煙者に多い病気です。
COPDになると次第に呼吸がしづらくなり、症状が進行すると死に至ることもあります。
「年のせいだから仕方ない」「運動不足だから」などと考え、放置しがちですが、早期に受診し、治療すれば症状の進行を抑えることが出来ます。

COPDチェック

□ 咳・痰(黄色・粘ったりする痰)が長い間続いている。
□ 同年代の人に比べ息切れしやすい。
□ 体を少し動かすだけでドキドキする。
□ 現在、タバコを吸っている。また、以前吸っていて上記症状がある。
□ 周りで長年にわたり、タバコを吸っている人はいませんか?(受動喫煙)
*1つでも該当し、気になる症状がある場合は、COPDの危険が予想されます。

最大の原因は、喫煙です。COPD患者の約80〜90%は喫煙者で、受動喫煙も危険性を高めます。タバコの副流煙は、喫煙しない人にとって大きな危険因子となります。
その他、喘息症状、乳幼児の肺炎、成長期の低栄養状態、大気汚染などがあります。

検査

  • 胸部レントゲン、肺機能検査、胸部CT検査などにて診断されます。

治療

  • 治療の基本は、「禁煙」です。
    禁煙したことにより喘鳴症状や肺機能、気道過敏症が改善されます。
    どうしても禁煙が出来ない方には、禁煙外来をお勧めします。
  • 薬物療法(吸入や症状にあわせた処方薬)にて症状が緩和されます。
  • 治療せず放置することにより症状が進行し、血中の酸素が低下し、呼吸不全になります。呼吸不全に陥ると長期酸素吸入が必要となります。(在宅酸素療法)
    万が一、そのような事にならないよう、気になる症状がある方は、早めに医療機関へご相談ください。

*当院では、COPDの治療の一環として、禁煙外来を積極的に行っております。*

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について