お知らせ

インフルエンザワクチンの予約を開始しております。

例年同様、予約された方全員に「予約票」をお渡しております。
インフルエンザワクチンの専用の接種時間帯を設けております(月・水・金の13:30〜14:30の間に接種をします。これ以外では接種は行いませんのでご注意下さい)。

予約について

予約は票を受け取った時点で予約が完了いたします。

  • 「予約票」がなければワクチンの接種はできませんので、当日まで大切に保管下さい。
  • 来院の際に予約された方の場合は、その場で「予約票」をお渡し、日時の決定をします。
  • 予約は来院の上でして頂くのが原則です。お電話での予約も承っておりますが、この場合は仮予約とさせていただきます。
    電話予約の日から2週間以内に「予約票」を受け取りに来られないと自動的に予約の取り消しとさせて頂きますのでご了承下さい。
    尚、「予約票」は当院で直接お渡しします(郵送、宅急便等でのお届けは致しません)。
  • 尚、限られた数の中でワクチンを注文・確保しているので、直前又は連絡無しのキャンセルの方にはキャンセル料を頂く事態が生じます。予めご了承の上、予約を入れて頂きますよう宜しくお願い致します。)
今年のワクチンの特徴および接種回数について

今年のインフルエンザワクチンは新型にも対応します。

高齢者では1回接種の場合、シーズン中にワクチンの効果が薄れてしまう事もあります。

インフルエンザワクチンを1回接種した高齢者では、そのシーズン中に抗体価が落ちてしまい、十分な免疫を確保できなくなる場合があると報告されています。
それによると、11月初旬にワクチンを1回接種し、シーズン前(12月)とシーズン終了期(3月末)での抗体価を調べたところ、A香港型では抗体価の低下はほとんど見られませんでしたが(97%→94%)、Aソ連型では低下が見られ(74%→48.6%)、B型では接種後も高い抗体価が得られないばかりか、シーズン終了時には最も低い抗体価となっていました(29→11%)。つまり、高齢者での1回接種ではシーズンを通して免疫が十分に保たれない恐れがあると言えます。
昨年は、Aソ連型の発生はほとんど見られず、新型インフルエンザに取って替わられたと考えられています。今シーズンも同様で、新型インフルエンザに加え、A香港型、B型の流行が予測されます。新型インフルエンザに対して1回接種での抗体価の推移を見たデータはまだありませんが、いずれにせよ2回接種で十分な抗体価の獲得が望ましいと言えます。

インフルエンザワクチンの予防効果は2回接種の方が高いという報告があります。

最近の研究では、成人の場合、1回接種だと予防効果が64%、2回接種だと94%とされています。2回接種の方が予防効果は高まりますが、逆に言うと2回接種しても6%の人はインフルエンザにかかってしまうということです(但し、重症化はワクチンによって防がれます)

→以上の事から、「多くの人が免疫を獲得していない新型インフルエンザ」が加わった現在では、2回接種の方がより確実と考えられます。

詳細につきましては、お気軽に当院までお問い合わせ下さい。電話:(011)836-3680

過去のお知らせを見る

健康サポート

医療法人社団愛和会 愛内科クリニック

〒062-0043
札幌市豊平区福住3条1丁目2-22
電話:011-836-3680

●午前
【月〜土】
9:00 〜 12:00
●午後
【月・火・水・金】
14:00 〜 17:00

休診日

木曜午後・土曜午後および日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

個人情報について